リノベーション

SAKURA FIRST BLDG

SAKURA FIRST BLDG

Renovated Cityscape

これは、築年数30年余りの建物を、少し変わった方法でリノベーションした事例です。

FLYING COLOURS 四谷

FLYING COLOURS 四谷

シェアオフィス

シェアオフィスのプロジェクト。ビルの3階から6階の空き部屋有効活用、クライアントである不動産会社の業態開発をめざして依頼された。

THE ICEBERG BUILDING

THE ICEBERG BUILDING

アイスバーグビルのオフィスデザイン

原宿、明治通りの新ランドマーク「アイスバーグ・ビル」のインテリアデザイン。「美術館のようなオフィス空間」というオーダーを受け、極力シンプルな要素でデザインをまとめている。階高6mの大空間に、真っ白な鉄骨フレームとガラス、ヒノキのフローリングという最小限の要素の中で、唯一の存在感あるオブジェクトとして片持ち吊り構造の受付カウンターをデザインしている。

浅草橋IREMONYA DESIGN LABO TOKYO

浅草橋IREMONYA DESIGN LABO TOKYO

白く軽く、床を抜いて明るく

築30年のビル2フロアを模型のようなニュートラル&フラット空間にリノベーション。浅草橋に京都発デザイン家具ショップ「IREMONYA DESIGN LABO TOKYO」がat-table設計施工で完成。「空間が主張しない」ことをコンセプトとしたため、恣意的な意匠を避け、純粋な建設行為に近づけていくこと自体をデザインとした。床を抜いて構造補強/限りなく軽い鉄骨階段を設置する。

柏西原外観デザイン

柏西原外観デザイン

配色デザインの価値

郊外賃貸集合住宅の外装改修デザイン。
外構とセキュリティーを整理しつつ、周辺マーケティングから3〜4人ファミリーをターゲットに、子供と若い夫婦が楽しんで生活できる外観配色デザインを行った。市条例による外観配色規制をクリアしつつ、収益物件として目を引くカラーバランスを提案。

R-ROOMS浅草橋

R-ROOMS浅草橋

ワンルームSOHO

台東区浅草橋、築21年のオフィスビルを全面リノベーション。ワンンフロア100㎡弱の既存建物は、1層を除いて空室状態であったが、各フロアを3-6戸に区画して、小規模事業者や個人使用をターゲットにしたコンパクトなSOHOに生まれ変わった。ちょっとした料理も可能なミニキッチン・簡易型シャワーブースも設置し、昼夜を問わず自由に働ける環境が整っている。

万文堂ビルリノベーションプロジェクト

万文堂ビルリノベーションプロジェクト

築45年ビルの生まれかわりかた

築年数がたち、普通の不動産情報では埋もれてしまう典型的な雑居ビルのオーナーから相談があったのは1年半以上も前の事だ。やるべき事もたくさんあったが、なによりこの建物ならぜったいに良くなるという担当者の思い入れがあった。このあたりの雑居ビルで、面積の小さな4F以上の事務所は人気がないので、SOHOとした。3Fまではビジネスユースを想定した。5Fはペントハウスらしさを演出した。 賃料設定から工事費の調整、設計、リーシングの業者紹介まですべてをやり切った物件であり、幸い2F以上は完賃となっている。(11/15現在)

office:WIZ GROUP

office:WIZ GROUP

無垢の空間

音楽関連のコンテンツ事業を営むグループ企業の新設オフィス。それぞれ別の業務を行う複数のワークルームは明確に区分しながら、視線は常に行き交う空間構成となっている。ガラスのパーティションは、木製フレームからなり、全て熟練の木工大工による現場製作。総ガラス張りながら、無機質で冷たい印象にならないよう、床・フレーム全て無垢材・無着色仕様となっている。

東新橋 外壁賃貸デザイン計画

東新橋 外壁賃貸デザイン計画

看板新造によるリノベーション手法

「高さ制限・敷地境界に依らない外観デザイン」と「外壁までを賃貸する」ことの両立案 テナントビル・一棟売りの収益物件、ということを念頭に売却先を限定しない外観デザインを考える。 どんな既存状態であれデザインで建物価値を上げることは当たり前。それに加え、テナント看板により外観が損ねられるが建物の印象を良くして高く売りたいという矛盾を「看板工作物」の有効利用・ビルリノベーション手法の一つとして提案、媒体看板を加えた賃料UPで収支をもデザイン、完成。

都心のペット霊堂

都心のペット霊堂

麻布十番のビルオーナーによるペット霊堂の事業計画に設計として参加した。事業性と街中にあるペット墓地のありかたをさまざまな角度からスタディし、ほどよいバランスの建物が出来上がった。外観は厳格な造形の中に、「写り込む風景」というかたちで多様性を表現した。内観は、非日常性を照明計画に見い出しながら、木材の暖かみをふんだんに取り入れた親しみやすい計画とした。

清澄 01

清澄 01

築75年の癒し

総和3年(1928)、関東大震災復興事業のひとるとして建てられた都下名勝の清澄公園脇沿いRC長屋を改装。50件近く並ぶRC長屋の一角を鍼灸院・カフェ・ギャラリーの複合施設に使うべく、公園の絶景を活かしそれぞれ無関係な用途を「癒し」というキーワードのもとに無関係なまま仕切らず繋げる。結果、外と中、客と患者、店主と医師の境界を曖昧にし、メンタルのバリアフリーを。濃厚に感じられる時間の変化の中でラディカルな「癒し」を。

centro citta hamacho

centro citta hamacho

物は80年代後半につくられたRC造のオフィスと住宅の複合ビルである。昨今の不動産情勢により中央区では2F以上のオフィスの需要が極端に落ち込んでおり、それを打開する建物の運用方法の提案をも含んだプロジェクトであった。
・2F事務所を2つの住居に作り替える提案、およびデザイン
・3F以上の住居部分で、空室となっていた2つの部屋のリフォーム
・エントランスのバリューアップ・ロゴデザイン・看板デザイン
・リーシング資料としてのweb作成、パンフレット作成
上記の多岐にわたるタスクをat-tableとして最初から最後まで見届けたプロジェクトである。

FLOOR&WALLS代々木

FLOOR&WALLS代々木

オフィスビルコンバージョン物件。at-tableはデザイン監修を担当。
代々木の「名建築」ビル(建築家・森 京介設計)をリニューアル。本来の建築がもっていた魅力をもう一度蘇らせることが本物件のデザインのテーマ。

TSUKIJI-00

TSUKIJI-00

市場ド真ん中の隠れ家

築地場外市場にたたずむ築40年の古ビル。at-tableは物件のオーナーと共同出資で、この古ビル4フロアをSOHO住居にコンバージョン。そして、改修後のビルをサブリースしている。各フロア全て趣の異なる雰囲気でつくられたが、窓から得られる築地市場の青天井は各階共通。現在、『TSUKIJI-×』シリーズを展開中。

R-ROOMS HIRAI

R-ROOMS HIRAI

オフィスビルコンバージョン物件。at-tableは基本/実施設計・監理を担当。江戸川区平井の5階建空オフィスビルをSOHOとして再生。居住地区として土地柄を考慮にいれ、特に水回りは住居よりの仕様でつくられている。

FLOOR&WALLS 八丁堀

FLOOR&WALLS 八丁堀

一棟まるごとリノベーション

オフィスビルコンバージョン物件。at-tableはデザイン監修を担当。八丁堀の7階建(地下1階)の空オフィスビルをSOHOとして再生。

三福ビル

三福ビル

1930年に建てられたオフィスビル。東京大空襲の被害を免れたこのビルが、at-tableの活動拠点基地になっている。4階建ビルの2,3,4階をまとめて借り受け、全館SOHO仕様に水回りを更新した。

8-FACTORY

8-FACTORY

都心の超実験住宅

八丁堀の木造3階建て民家を一棟借り。at-tableがリーダーとして指揮をとり、ルームシェアハウスのモデルとして、各人が自分の住空間をセルフビルドによってつくりあげた。都心居住の利便性と、古風な日本の風景の奇妙なマッチングは、<east end life>という新たなライフスタイルの雰囲気をよく表している。

page top