全物件一覧

DM <グラフィック>

DM

外苑駅前のセレクトショップBRSHOP(ビーアールショップ)の
スーツと時計の展示会DM

chinese cafr'&Restaurant Ma <店舗>

chinese cafr'&Restaurant Ma

牛久の駅前に計画された中華料理を出すカフェ。賃貸マンションの1F部分の店舗内装設計、ロゴデザインを行った。料理を外で食べるテラスの設計にあたっては、都心部ではないので、風雨の条件が厳しかった。とくに「筑波おろし」と地元で呼ばれる冬の乾いた風のなかでも、外で食べる雰囲気を楽しんでもらえるように、可動式の建具やテントの雨じまいのおさまりを工夫した。

清澄 01 <リノベーション>

清澄 01

築75年の癒し

総和3年(1928)、関東大震災復興事業のひとるとして建てられた都下名勝の清澄公園脇沿いRC長屋を改装。50件近く並ぶRC長屋の一角を鍼灸院・カフェ・ギャラリーの複合施設に使うべく、公園の絶景を活かしそれぞれ無関係な用途を「癒し」というキーワードのもとに無関係なまま仕切らず繋げる。結果、外と中、客と患者、店主と医師の境界を曖昧にし、メンタルのバリアフリーを。濃厚に感じられる時間の変化の中でラディカルな「癒し」を。

centro citta hamacho <リノベーション>

centro citta hamacho

物は80年代後半につくられたRC造のオフィスと住宅の複合ビルである。昨今の不動産情勢により中央区では2F以上のオフィスの需要が極端に落ち込んでおり、それを打開する建物の運用方法の提案をも含んだプロジェクトであった。
・2F事務所を2つの住居に作り替える提案、およびデザイン
・3F以上の住居部分で、空室となっていた2つの部屋のリフォーム
・エントランスのバリューアップ・ロゴデザイン・看板デザイン
・リーシング資料としてのweb作成、パンフレット作成
上記の多岐にわたるタスクをat-tableとして最初から最後まで見届けたプロジェクトである。

市川T邸 <住宅>

市川T邸

メーカー住宅でもここまでリニューアル

マンション開発の進む市川駅周辺にある注文プレハブ住宅のデザインリフォーム。もともと有る庭と池と建築をつなげることと、機能的でコストパフォーマンスに優れた鉄骨ALC住宅のポテンシャルを生かしつつデザイン性を持たせるという2つのコンセプトの元に既存建築構造・外壁を残しつつ内側と外側を増改築した。庭と池を意識しつつ縁側やテラスで建物を変形させ極力内外の境界を無くした室内にワンルームの解放性を持たせる。バリアフリーではなく、年を召された施主の喜んだ顔を我々は嬉しく思う。

R-ROOMS Daitatbashi <住宅>

R-ROOMS Daitatbashi

新築集合住宅。at-tableは基本設計/デザイン監修を担当。住宅密集地域に新たにつくられる住空間として、近隣と相互のプライバシーを確保しながら、如何に心地良い室内環境を実現できるかということがデザインの基本的な課題であった。

FLOOR&WALLS代々木 <リノベーション>

FLOOR&WALLS代々木

オフィスビルコンバージョン物件。at-tableはデザイン監修を担当。
代々木の「名建築」ビル(建築家・森 京介設計)をリニューアル。本来の建築がもっていた魅力をもう一度蘇らせることが本物件のデザインのテーマ。

TSUKIJI-00 <リノベーション>

TSUKIJI-00

市場ド真ん中の隠れ家

築地場外市場にたたずむ築40年の古ビル。at-tableは物件のオーナーと共同出資で、この古ビル4フロアをSOHO住居にコンバージョン。そして、改修後のビルをサブリースしている。各フロア全て趣の異なる雰囲気でつくられたが、窓から得られる築地市場の青天井は各階共通。現在、『TSUKIJI-×』シリーズを展開中。

R-ROOMS HIRAI <リノベーション>

R-ROOMS HIRAI

オフィスビルコンバージョン物件。at-tableは基本/実施設計・監理を担当。江戸川区平井の5階建空オフィスビルをSOHOとして再生。居住地区として土地柄を考慮にいれ、特に水回りは住居よりの仕様でつくられている。

FLOOR&WALLS 八丁堀 <リノベーション>

FLOOR&WALLS 八丁堀

一棟まるごとリノベーション

オフィスビルコンバージョン物件。at-tableはデザイン監修を担当。八丁堀の7階建(地下1階)の空オフィスビルをSOHOとして再生。

page top