住宅

勝どきにできた分譲マンション『CELESTINO』

勝どきにできた分譲マンション『CELESTINO』

水辺プロジェクト

勝どき3丁目の川沿いできた分譲マンション『CELESTINO』のデザインをてがけました。
全室40m2で角部屋です。一人暮らし、女性、DINKS、地方の方のセカンドハウスとして企画してきました。

彩色主義者の家

彩色主義者の家

生活空間も十人十色

真っ白でシンプルな空間がインテリアデザインの主流となりつつある仲、それでも個性的な趣味趣向を持ち続ける人もいる。本来、住宅こそ完全に個人的な世界観を実現できる空間であり、そこで暮らす人がOKであれば、なんでもOKである。ということで、クライアントの要望通り、色とりどりのモザイク空間が完成。これでもれっきとした住空間である。なんとも愉快、痛快。

アリノスハウス

アリノスハウス

浮遊する壁によって規定される空間

狭小の敷地に搭状の建物を建てなければならなくなったとき、必然的に「見られるもの」としての運命を背負う。一方で、インテリアの居住性を考えると、その空間の小ささ故「外を見る」場所としての必然性が生まれる。主体と客体の関係をファサードに埋め込み、まるで彫刻のように削り出していった結果、窓が額縁に囲まれたものではなくなり、浮遊する壁によって規定される空間をつくることができたのではないかと思う。

柏西原外観デザイン

柏西原外観デザイン

配色デザインの価値

郊外賃貸集合住宅の外装改修デザイン。
外構とセキュリティーを整理しつつ、周辺マーケティングから3〜4人ファミリーをターゲットに、子供と若い夫婦が楽しんで生活できる外観配色デザインを行った。市条例による外観配色規制をクリアしつつ、収益物件として目を引くカラーバランスを提案。

R-ROOMS浅草橋

R-ROOMS浅草橋

ワンルームSOHO

台東区浅草橋、築21年のオフィスビルを全面リノベーション。ワンンフロア100㎡弱の既存建物は、1層を除いて空室状態であったが、各フロアを3-6戸に区画して、小規模事業者や個人使用をターゲットにしたコンパクトなSOHOに生まれ変わった。ちょっとした料理も可能なミニキッチン・簡易型シャワーブースも設置し、昼夜を問わず自由に働ける環境が整っている。

海岸3丁目プロジェクト

海岸3丁目プロジェクト

素材感の妙

港区海岸3丁目に建つ新築ワンルームマンションのデザイン監修プロジェクト。
敷地の目の前に海岸通り、頭上には首都高速、という喧噪の中では、外部空間や外の景色に期待できなかったため、インテリアでの居住性と、安らげる雰囲気づくりにデザインの重きが置かれている。

三井不動産「パークホームズ鶴川」のデザイン

三井不動産「パークホームズ鶴川」のデザイン

パークホームズ鶴川

八丁堀 T邸

八丁堀 T邸

人と人が対峙する場所

住宅のリビングとダイニングキッチンのみの改修計画である。 この計画のハイライトはキッチンとダイニングテーブルのデザインである。大きな空間のなかで、人と人が対峙する場所をいかにしてつくるかを意識して設計をはじめ、キッチンとダイニングテーブルの位置や角度、大きさ、使い勝手をたくさん検証し、この形に辿り着いた。 このオブジェを介して、料理をつくるひととそれを見守る人の関係をつくり、客と主人の関係をつくりあげることに成功したのではないかと思う。

centro citta hamacho

centro citta hamacho

物は80年代後半につくられたRC造のオフィスと住宅の複合ビルである。昨今の不動産情勢により中央区では2F以上のオフィスの需要が極端に落ち込んでおり、それを打開する建物の運用方法の提案をも含んだプロジェクトであった。
・2F事務所を2つの住居に作り替える提案、およびデザイン
・3F以上の住居部分で、空室となっていた2つの部屋のリフォーム
・エントランスのバリューアップ・ロゴデザイン・看板デザイン
・リーシング資料としてのweb作成、パンフレット作成
上記の多岐にわたるタスクをat-tableとして最初から最後まで見届けたプロジェクトである。

市川T邸

市川T邸

メーカー住宅でもここまでリニューアル

マンション開発の進む市川駅周辺にある注文プレハブ住宅のデザインリフォーム。もともと有る庭と池と建築をつなげることと、機能的でコストパフォーマンスに優れた鉄骨ALC住宅のポテンシャルを生かしつつデザイン性を持たせるという2つのコンセプトの元に既存建築構造・外壁を残しつつ内側と外側を増改築した。庭と池を意識しつつ縁側やテラスで建物を変形させ極力内外の境界を無くした室内にワンルームの解放性を持たせる。バリアフリーではなく、年を召された施主の喜んだ顔を我々は嬉しく思う。

R-ROOMS Daitatbashi

R-ROOMS Daitatbashi

新築集合住宅。at-tableは基本設計/デザイン監修を担当。住宅密集地域に新たにつくられる住空間として、近隣と相互のプライバシーを確保しながら、如何に心地良い室内環境を実現できるかということがデザインの基本的な課題であった。

TSUKIJI-00

TSUKIJI-00

市場ド真ん中の隠れ家

築地場外市場にたたずむ築40年の古ビル。at-tableは物件のオーナーと共同出資で、この古ビル4フロアをSOHO住居にコンバージョン。そして、改修後のビルをサブリースしている。各フロア全て趣の異なる雰囲気でつくられたが、窓から得られる築地市場の青天井は各階共通。現在、『TSUKIJI-×』シリーズを展開中。

R-ROOMS HIRAI

R-ROOMS HIRAI

オフィスビルコンバージョン物件。at-tableは基本/実施設計・監理を担当。江戸川区平井の5階建空オフィスビルをSOHOとして再生。居住地区として土地柄を考慮にいれ、特に水回りは住居よりの仕様でつくられている。

三福ビル

三福ビル

1930年に建てられたオフィスビル。東京大空襲の被害を免れたこのビルが、at-tableの活動拠点基地になっている。4階建ビルの2,3,4階をまとめて借り受け、全館SOHO仕様に水回りを更新した。

page top